2017-09-27から1日間の記事一覧

保護事業の目的

昭和46年に設立された預金保険機構が一定額までの預金保護のために支払う補償額(ペイオフ解禁後)は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円"までである。この機構は政府だけではなく日銀ならびに民間金融機関全体が3分の1程度ずつ「…